いぼの悩みを解決するなら【皮膚のバリア機能を高める】

女性

肌のポツポツの正体

ウーマン

早めの予防がカギ

肌表面にポツポツしたできものはありませんか。それは、いぼです。いぼには大きく分けて、ウイルス性のいぼと非ウイルス性のいぼの2つに分類されます。ウイルス性のものは尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と言われ、ヒトパピローマウイルスが皮膚の中で増殖したもので、主に指や足の裏といった角質層の厚い場所に出来ます。放っておくとどんどん広がっていきますし、他人への感染を防ぐためにもすぐに皮膚科に行きましょう。非ウイルス性のものは、いわゆる老人性いぼで良性のできものですので心配は要りませんが、これも放っておくとどんどん増えていきます。主に首や身体、脇の下などに出現します。原因は遺伝によるものが大きいですが、それに肌のダメージが加わるとより出来やすくなります。汗や金属(アクセサリー)などから肌に刺激を受けたり、紫外線によるダメージが大きいと肌の抵抗力が弱まり、古くなった角質が上手く剥がれ落ちずに溜まっていき固まっていったりするのです。加齢によって増えていくものですが、早い人だと二十代から出てくるようです。いぼを予防するには早めに対処することが大切です。ウイルス性のいぼは、傷口からヒトパピローマウイルスが皮膚や粘膜に侵入することで感染するので、皮膚環境を整えておくことが一番の予防です。身体が弱って免疫力が低下しており、尚且つ皮膚に傷がある時は温泉やプールなどの公共施設は避けるようにしましょう。ササクレやアカギレなどの小さな傷はウイルスが入りやすい侵入経路となります。常に皮膚を清潔に保ち、免疫力を維持することが一番の予防と言えるでしょう。非ウイルス性のいぼは、とにかく肌にダメージを与えないことが予防になります。保湿を十分にし、日焼けをしないように気をつけましょう。新陳代謝の機能が低下した肌はターンオーバーが正常に行われず、メラニンの排泄が行われません。また敏感肌の方は首回りのスカーフやアクセサリーの着用にも気をつけましょう。摩擦による刺激でいぼが出来やすくなります。親にいぼがある方は特に自身も出来やすい体質であることを認識して、日頃から皮膚のバリア機能を高める生活に気を配っていくようにしましょう。

カウンセリング

肌にできるぶつぶつの処置

いぼの治療は皮膚科と美容外科のどちらかであり、早めに処置をすることで確実な施術を受けることができます。費用は皮膚科のほうが安く治療も確実ですが、安い美容外科の場合はリスクが高いので皮膚科の医師に進められる病院を利用するなど注意が必要です。

顔を触る人

継続的なフォローで安心

いぼの治療はクリニックで行うのが一般的です。クリニックであればいくつかの選択肢の中から症状や希望に応じた治療を受けられます。経験を積んだ医師が丁寧に治療してくれるのであとも残りづらく、きれいに治せると評判です。

鏡を見る人

種類はさまざま

いぼには、尋常性疣贅という一般的なもののほか、できる部位によって呼び名が変わるものもあります。いぼはウイルス性のものが一般的ですが、それ以外のものもあります。治療法は主に3種類あり、化学薬剤療法、凍結療法、レーザー療法などがあります。

カウンセリング

種類によって違う治療方法

いぼは早期に治療が必要なウイルス性があって、治療方法には液体窒素やレーザーにヨクイニンを使った方法があります。液体窒素による冷凍凝固もレーザーも完璧な方法ではありませんが、10%の尿素を含んだ軟膏が高い治療結果を出しています。

レディ

治療の仕組み

いぼ治療は液体窒素を使用することで高いレベルでの改善が見込めるようになっています。ただし、治療前や治療後には注意すべきポイントがあるため、医師の指示をしっかりと守る必要があります。痛みも多少抑えられるようになりつつあります。