いぼの悩みを解決するなら【皮膚のバリア機能を高める】

女性

継続的なフォローで安心

顔を触る人

きれいに治せる

いぼが出来る原因は大きく分けて二つあります。ウイルスによるものと、体質によるものです。前者は放っておくと増数、増大してしまうため早期発見治療が必要だとされています。しかし比較的増加が緩やかな傾向にある後者に関しても、積極的に治療を行っている方は多くいらっしゃいます。その理由はその性質にあります。いぼは放置しておけばいずれ治るという類のものではありません。出来てしまった部位によって目立ったり、服と擦れて違和感や痛みが発生したりする原因にもなるいぼを治すには、クリニック等で治療を受けるのが一番です。クリニックには日々、いぼを始めとする皮膚トラブルに悩む患者さんが来院しています。原因や症状に応じた治療を提案してもらえるので、容易に自分に合った方法を選ぶことができます。また除去後も継続的にフォローが受けられるため、皮膚が敏感な方やこうした治療が初めてという方でも安心して治療に臨めます。そうした信頼性の高さも、クリニックでの治療を希望する方が多い理由の一つと言えるでしょう。いぼが出来ていると実年齢よりも老けて見えたり、不健康なイメージを持たれたりする場合があります。いぼを除去することにより、健康的で若々しい肌を取り戻すことができます。いぼの治療には炭酸ガスレーザー、ブレオマイシン注射、液体窒素のいずれかが用いられるのが一般的です。レーザー及び注射はある程度の数までであれば、一度で除去することができます。一方液体窒素は一、二週間に一度のペースで複数回治療を行う必要があります。しかしこの治療法は保険適用が可能であるため、出来る限り費用を抑えていぼを取り除きたいという場合には有効です。局所麻酔やマスク麻酔の適切な使用によって、いずれの方法を選択した場合も治療時の痛みはほとんどありません。一時的に発生する痕も大半は時間経過と共に薄らいでいきますので、安心してください。また前述した方法以外に医師の判断により切開等を行う場合もあるので、予め施術内容を確認しておくようにしましょう。事前にきちんと説明を受けていれば、いざ治療を受ける際にも慌てずに済みます。