いぼの悩みを解決するなら【皮膚のバリア機能を高める】

女性

治療の仕組み

レディ

治療後のケア

いぼを手術によって取り除いた後はケアが重要となります。ここで患部を雑に扱ってしまうと傷が残るケースがあるため注意が必要です。まず前提として運動や水泳などは控えるようにしましょう。運動を行って過度に血流を早めたり、極端な発汗を行ったりすることは何らかの影響を及ぼしかねません。水につけてはいけないわけではないのでシャワーは問題がありますが、長時間の入浴や水泳などは控えた方が無難です。術後は患部を保湿することをおすすめします。保湿を行うことでバリアを作り、外気温などの刺激から守ることが出来ます。保湿に使用するクリームは市販のものでも問題はありませんが、クリニックからもらったものがあるならそちらを使用しましょう。市販のものを使う際には刺激性の低いものを選択し、念のため医師へと確認しておくと安心です。いぼ治療の経過は医師に細かくチェックしてもらっておくことをお勧めします。もし、何らかの肌トラブルが発生したならば医師にすぐに相談し、適切な処置を行ってもらうようにしましょう。いぼは手術を行うことによって取り除ける可能性がありますが、決して即座に取れるということではありません。定期的な通院が必要となります。いぼの芯は皮膚の深くにあります。そのため、取り除く際には痛みが発生することは不可避となります。クリニックごとに痛みには差がありますが、完全に痛み無しに取り除くことは難しいと言えます。痛みに弱いという方は事前に伝えておくことをお勧めします。いぼ治療として一般的によく用いられているのが凍結凝固法です。これは液体窒素を使用した治療法であり、医学的に有効性が証明されています。それゆえに保険が適用され比較的安い料金で治療を行うことができます。凍結することでいぼ自体を壊死させ、入る血管を凍結することで組織にダメージを与える効果があります。ただ、いぼを取り除くだけでなく元を絶つ効果もあるのが大きな特徴です。液体窒素でダメージを受けた組織には免疫反応が誘導されます。これも治療においては大きな効果を持っており、精度を高めることに繋がっています。